私はロシアに行くのです。(略して【わたロシ】)

.
2012年3月から1年、
ロシアのサンクトペテルブルグ の大学に留学。

私は上手くやっていけるのでしょうか?
否、上手くやっていくのです!(・∀・)b
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ばーりやぁ〜♪

Say do you remember〜♪

はい、9月ですね。
残暑ぉ?何ですか、それ?
ってくらい、涼しい秋に突入です。
最近は気温15度前後の中過ごしております。
ちなみに深夜0時の今の気温は7度ですってよ!
わぉ!(・O・)


マトリョーシカの露店にて。
たまに自信がなくなるケド、おそらく右サイドの黄色いヤツは、くまのプーさん。



ロシアでは9月始まりなので、学校も9月から始まります。
…が!
私達の時間割を決めてくれる先生が、現在研修中でロシアにいらっしゃらないので、なんと夏休み延長!!!
9月13日あたりから始まりそうな予感!(・▽・)

で、この時期に連発していたロシア語のフレーズが
「もうすぐ大学...だね(・へ・)」と、
「現実なんて見たくないよー!」です。
ロシア人の友人に間違いを訂正してもらったので、完成度の高い仕上がりになっております!
もはや日本にいた時と同じ台詞ですね!どうした留学生!(^_^;)

いやはや。
この夏休みは、ほんっっっっっっっと やる気がなかったです。
でも、先週 やる気の妖精さんが舞い降りてきてくれたので、なんとかイケそうです。
母とスカイプしてた時に、突如フェアリーが降臨しなさった!(・∀・)

お母さんへ。
どうして唐突にやる気が湧いてきたんだろう?
って考えたら、THE☆答えが出てきました。
正解発表↓

母のDNA、覚醒なう!!!!( `・ω・)b

そうとしか考えられない。
オカンが遠隔操作して私の染色体に指令を出しているんだ、きっと。
この場を借りて、敬礼しとくね。
イェッサー!(・ロ・)ヾ




芸術的なお寿司。わーぉ、ワサビさん こんにちはー!


あと、日本人との絡みが多い夏でしたかね。
旅行で来てる人達に、勝手に話を聞いたり。
大学のプログラムとして 3週間ロシアで住むことになった大学生さん達をちょっとエスコートしたり。
隣の部屋の子と女子会(笑)をしたり。
で、最近は 後輩が2人、留学生として来ましたよ。

後輩に関して言えば、
ほぼ初対面であったにも関わらず、
「お前ら、いつか、パンチする( ・ロ・)ノ」
と、思わず口に出しちゃいましてよ、おほほほほ。

とりあえず、いきなり「どんぐりころころ」を歌い出した後輩Aと、
感謝の気持ちとしてニシンの塩漬けをプレゼントしてきた後輩B。
そして、勝手に寮の休憩室を模様替えした先輩ぎばでした。
ちゃんちゃん☆


え、キティ...さん!?(゜Д゜)
| comments(0) | trackbacks(0) | 04:43 | category: わたロシ |
# ブルースのリーさんは言いました


Don't think. Feel



と。





(やべっ、指、写ってる!)

本日、ロシア美術館の分館であるストロガノフ宮殿に行って参りました。
そこの学芸員のおばあちゃんとお話をして、ちょっと胸が熱くなったので書き殴ります。



私「こんにちはー、ココ何のスペースですか?」
おばあちゃん「ほら、ここに説明文あるわよー。」
「こっちがロシア語。こっちが英語。」

私「うわー、どっちも勉強不足でーす\(^0^)/」
お「どうしようもないわー\(^0^)/」
私「すいません、写真とっていいですか。この説明文、家で翻訳します」
お「いつもだったら撮影はダメなんだけど、特別にいいよ☆」
私「うおぉっ、やったーっ!! ありがとうございます!!(・▽・)」
お「でもね、説明文を全部理解することよりも、」
私「………?」
お「見て美しさを“感じる”これが一番大切よ。」
私「(ほ、惚れてまうやろー!!!)」



というね。
イケメンの心を持った学芸員のおばあちゃんでした。
なんか、じーんときました。
作品の解説をされたら、
「え、そういう作品なんだ!すげー!!」
と、理解を深め、それに感動することってありますよね。
知識からの感動といいますかね。知らんけど。
でもまぁ、例え解説されなくても、キレイなものってキレイなんですよね。
「言葉なんていらねぇよ!私の魂が轟き叫ぶぅっ!!!!」
みたいな感じですかね。


実際、エルミタージュで見た絵画の中で一番心を惹きつけてくれたのは、
ピカソやルノワール、レンブラントといった名の知れた画家の作品ではなく、
名前も知らないし、作者も知らない、自然風景画でした。

鳥肌だったり、涙だったり、動悸だったり。
言葉にゃ出来ないけど、自分の中のどこかが反応してくれてんなら、
それでいいや。って思います。

リンゴを食べた時の「おいしい」と、
焼き肉を食べた時の「おいしい」って、
なんか違うように感じるんですが、それでも「おいしい」としか表現できないですもんね。
言葉にはやっぱ限りがあるし、ニュアンスも様々。



いちいち鳥肌が立ったときに
「鳥肌は、交感神経の興奮・緊張によるものである。この防御反応が出たということはすなわち…。」
とか、考えてられませんな。
「鳥肌じゃー!やばいwww すげぇ鳥肌wwww」
ぐらいが私には丁度いいですわ(^▽^)



ロシアに来てから、「ハートで生きろ!」ってコトをじわじわと内側から実感しています、こんにちは。




(実は鏡なんです。柱と柱の間が。)


そうそう。
「撮影禁止」って言われている所で
「ごめん、ここのテキストだけ写真撮らせて!お願い!!!!」
と、頼み込んだところ、「テキストだけだよ☆」と快く許可してくれた学芸員のお姉さん。感謝です。
もしかしたら、嘘をついてテキスト以外も撮るかもしれないのに。
もしかしたら、フラッシュを使って 展示物をダメにするかもしれないのに。
ほんとうにありがとうだ。



あと、
1階の床が、歩くとものすごくギシギシと音が立つ仕様になっていました。
一歩踏み出すだけでギシギシと騒音。読書中だった学芸員のお姉さんに ものすごく申し訳なさそうな顔を向けたら
「全然気にしないで。鳴るのよ、ここ。堂々と歩いちゃって☆」
と、フレンドリー。惚れてまう。



別のフロアでも、同じことが起こった。
その部屋の学芸員さんが、椅子から重い腰を上げ 立ちあがった。
その時、「あぁ、怒られるのかな。うるさいもんな。」って思った。
そしたら、「ここのラインに沿って歩けば、いくらかはマシになるのよ☆」って教えてくれた。
いやん、胸キュン。



こんなにたくさんの学芸員さんとお話をしたのは初めてでした。
ストロガノフ宮殿、好きになりました(*´▽`*)


(かっちょいいドア。ワイルドだろぉ〜?)


さてさて。
先日、待ち合わせ場所に遅刻しそうになり、ロシア人の友人と大通りをダッシュしていました。
「駆け抜けている私達は!今まさに!ウサイン・ボルトだぁぁああっ!!!」
って、調子に乗ったら案の定 筋肉痛です\(^ロ^)/
私、ウサイン・ボルトじゃなかったです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:28 | category: - |
# 私の考察、キックオフ
(※ロシア生活とがっつり関係ないです。)


どうも、ロンドン五輪で世界がわき上がっている今日この頃なんでしょうか? 

私も男子サッカー(日本vsスペイン)を観ていました。
自分の部屋にTVは無かったものの
友人に教えてもらい、PCを駆使してなんとか観れました( ^▽^)<ヤッフー☆

ロシアの実況・解説のオジさんが、わりかし冷静かつ的確かだったので、好感持てました。
日本のは、やたら賑やかというイメージがあるのですが、どうだっけかな?

あ、別に日本の実況・解説を否定する気はないのです。
楽しいですよ、わいわいごちゃごちゃしてる感じも。

「シューーーーーーット!うああぁぁっ、外したぁぁああああっ!!」
っていう、感情的なコメントは、その発言につられて臨場感を抱くことができますし。
ゲーム展開が遅い時に、選手やチームのプチ情報を入れたりすると、
物語が深まるっていうか、より身近に感じられますよねー。


でも、気になるモノもあります。そのうちの一つがコレ。
「今、選手は『前半のうちになんとか1点取りたい』という気持ちなんでしょうかねぇ?」

…って、 無 茶 振 り !\(^0^)/

その答えは選手にしか分からないし、かと言って プレイ中の選手に「どうですか!?」って聞きに行くコトも出来ないし。
推測か嘘か…!?という選択を、あえて解説の人に丸投げる!
私の中でこの台詞は、なかなかの無茶振りだと思ってます(^p^)


あぁ、それは置いといて。
自分、スポーツのプロセスを観るのは好きなんですが、結果を見るのは嫌な人なんです。
試合を最初から見るだけ見といて、最後の5分は見ないでバイバイ( ・ω・)ノシ ってのをよくやります。

基本、「みんな楽しければいいよね!」っていうお気楽思考なので、まず勝敗に興味がないんです。
学校の体育の授業とかも、グダグダとお喋りしながらやるのが好きでした。
「勝つから楽しい」んじゃなくて、「楽しんだもん勝ち」ってヤツですかね。
1000対0で負けても、ビリでゴールしても、明らかに惨敗でも、
「うぇ〜い( ^▽^)b」って笑い飛ばされたら、そりゃもう敵わねぇよ、最高だと思います。

でも、プロの人は結果をどうしても求められる。
チームの、地域の、国の代表としてのプレイヤーだから、
所属する組織の責任とか、応援する人の期待とか、色々背負わなきゃいけませんやなぁ、きっと。
勝てば責任を果たせるし、期待に応えれる、負ければその逆。
っていう厳しい現実があるんでしょうね。

で、勝ち負けがあるから、うぉーって盛り上がれるんでしょうか。
敵対する存在があれば、「敵に立ち向かう!」っていう目的で団結ができる。
うーん、競争だからこそ燃える!…のか?
たった1点の差で、勝てば嬉しい・負ければ悔しいのラインが引かれる、だからこそドラマとしても盛り上がる…のか?
ここらへんの気持ちがよく分からない。
自分にちゃんとしたプレイヤーとしての経験がないから 把握できないんだろうと思います。
何かを背負ってプレイしたこと無いもんな、自分。

その点、音楽は「おぉーっと、今ドの音を弾いたぁっ!! +5ポイントぉぉぉおおっ!!」 とかいう競争性がないので好き勝手できて楽しくできてるんでしょう。自分の気質に合っているというか。
吹奏楽コンクールの時も、そうでした。
「金賞が欲しいから頑張る!」っていうよか、
「なんだかんだで 私たちの演奏をイイって思ってくれた?わぉ、ラッキー☆」っていう気持ちのほうが強かったです。
だって、「金賞」だけが欲しいんなら、ライバル校全部を不戦勝にさせれば貰えるし。
いやいや、そういう問題じゃないってか?さーせん。


話は飛んで。
企業に勤めるようになったら、
「1番じゃなきゃダメだ!」
「勝たなきゃ意味がない!」

っていうストイックな面を持たなければいけないんだろうな、って思ってます。
こんなぼんやり若造でも、がっつり結果狙っていかないと。
さーて、どうなることやら。
10年後の私が今の私を説き伏せてるくらい、価値観変わったりするのかしら?
未来の自分、見てるー!?( ・∀・)ノ


まぁ、ごちゃごちゃと頭の整理を兼ねて書きましたが、
言いたいことはただ ひとぉ〜つ!


\鳴らせよ、ブブゼラ!/
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:48 | category: - |
# ざっくりジュライPart3


 【水族館からこんにちは】


じゃーん、水族館!
その日、とても暑かったので、こういう水槽を見るだけでテンションUPでした!
友達の隣で、

「すごいすごい、サメでかい!!」
「カラフル、この魚、カラフル!」
「かわいい、かわいい!この魚、持ち帰ってイイ!?」
「カニ!カニ!身がたっぷり!」


と、大はしゃぎ。
そして水族館のショップで、友達がプレゼントを買ってくれました。
ばばーん。



犬とフグ!

ご覧下さい、このフグの覇気のない目!
すごく気に入りました♪
おっと、「水族館に行ったのに、犬なの?」なんていう野暮な質問は受け付けませんぜ。
ハートが大事。ハートが大事。

お会計の時、5000ルーブル札(1万5000円くらい)で支払っていたから
「ひゅ〜っ、お金持ちぃ☆」
って、茶化したら
「このお金は、私が初めて稼いだお金なんだ。先日 絵を描いて買ってもらってね。」
とのお返事が。

くぅっ…ええ子や…(;ω;)
絶対 お返しfor you するよ、ありがとう。




【ボーリング】


えぇ、やってきました。
ロシアでもレジャーとしてのボーリングは普通に存在するようです。
日本と同じく、名前を入力して投げる順番がスクリーンに映る。
ガーターとかストライクとか、何かがあると、スクリーン上でヘンなキャラクターが動くのも一緒。
「ボーリングやろう!」って誘われた時、ロシア式のルールとかあったらどうしようかと思いましたが、
そんなんなかったです。
やっぱスポーツのルールは世界的に整えられてるんですね。素敵☆

そういえば、同じフロアにビリヤードの台も設けられてありました。
友達の妹さん(12歳)に
「ビリヤードやんない?」
って言われた時はどうしようかと思ったよ(; ^◇^)
私、12歳の頃「ビリヤード」っていうおしゃれword知ってたかしら??
やるなぁ、こわっぱ(笑)


あと、「ちょっとトイレ行ってくるわ。」って言った時に、
「健闘を祈るぜ☆」的なコトを返されて
思わずむせました。
やるなぁ、こわっぱ(笑)



【迷子の歩行者】
知らない場所に1人で行くと、必ずと言っていいほど迷子になります。
散歩のセンスがありゃしねぇ。
歩く行方不明だよ、まったくもう。


先日も、お散歩をしましたのよ。
「前に見た、あの建物をもう一度身に行こう!」と思って。


で、
前回は知人の案内のもと、20分かけて辿りついた場所に
2時間かけても辿りつけず、
挙句の果てに スーパーで買い物して帰ってきました。
当初の目的 行方不明(・▽・)


そうそう、ロシアではよく道を聞かれます。
日本人だろうと何だろうと、尋ねます。
まぁ、ダメで元々という精神なのかとは思いますが。


先日も道を尋ねられました。
「ねぇ、駅ってどっちにあるかしらない?」と。
その時、私も絶賛迷子中だったので
「私も探してるんですよね〜ww」
と、言ったところ、
「わぉっ、あなたもww お互い頑張ろうww」
ってフレンドリーに返してくれました。ほっこり(*´ω`*)

あのお姉さんのお蔭で、「よし、まだ歩くぞ…!」と、
モチベーションが上がりました。
あの人も無事に駅に着きましたよ〜にっ!(・人・)




ねぇ おじちゃん、道教えて。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:46 | category: わたロシ |
# ざっくりジュライ Part2

 引き続き、7月ダイジェスト!


【お部屋で映画鑑賞】
ソ連時代の映画をPCで時々観ます。
ロシア人にとって、「ソ連映画」というのは特別なもののようですね。
というのも、お店でDVDを並べる分類として
「ファンタジー」「コメディ」「ソ連映画」というように1つのジャンルとして確立しています。
今でも根強く人気なようで、10代の子でもソ連映画をおすすめしたりしますし、
ソ連時代の映画のタイトルを言うと、「あぁ〜、アレね。」と知っている人が多いです。


以前、大学の宿題としてソ連時代のコメディ作品の一部を聞いて書きとるというものがありました。
で、相部屋の子に手伝ってもらった時に、
「あぁ、この作品が宿題なの!?うちのお父さん、コレすごい好きでさ〜、何回も観てるくせに、何回も同じ所で笑うんだよねww」
という話を聞きました。
なんかほほえましいなぁ(*´ω`*)


そんな私も、トイ・ストーリーを何回も観てるくせに、毎回泣きます。
「くぅっ…ロシア語で観ても泣けるじゃねぇか…!」
目頭を熱くされてるのだーれだ?わーたしだ。

で、サンクトペテルブルクを舞台とした映画もありまして。
見覚えのある場所で物語が展開されていったりもするんですよね。
「あれ、コレ あの駅の近くにある劇場じゃないか!?」とか
「ココ見たことある!昔から変わってないなぁ!」とか、
色々と感動しながら観ております。


最近見た中でツボだったのは、
飛行機の外にパスポートを投げ捨てられて、パスポート消失。
到着地点のイタリアでは、パスポート不携帯ということで入国できずに帰りの飛行機へ。
母国のロシアでも同様に門前払いのため、再び飛行機へ。
そして永遠に飛行機でロシアとイタリアを往復するというもの。
おっちゃん…がんばれ!( ・◇・)



おしゃれでおっきい建物。


【中華!中華!】
中国人のお友達と、中華料理のレストランへ。
お互いの共通言語としてロシア語でお喋り。
…とは言っても、漢字の力は偉大である。
中国語ver.でも日本語ver.にせよ、漢字を見ればお互いに意味が分かるという不思議。


私「私、春巻き好きだわー。」
友「HARUMAKIってなんぞや」
私「ほら、漢字でSpring Rollって書くやつ」
友「あぁ、あれね。」

という感じ。("漢字"だけに…!?(・▽・))
なので、レストランで中国語のメニューをもらっても、大体理解できる。
でも、発音は難しい。お手上げです。
とはいえ、友人からのレッスンのお蔭で、
「ウォーアイニー(I love you)」の発音はバッチリの様子。


あと、「豆腐」は中国語でも「トーフー」みたいな発音でした。
それに感動したもんで、2人して連呼してました。


(私 ・ω・)ノ<トォーフ!



(友 ・▽・)ノ<トーフー!



(私 ^▽^)人(^▽^ 友)<トーフー!


という感じ。(かっ、"漢字"だけに…!?)




で、麻婆豆腐などを注文。
おぉ、チャイニーズ!
(写真ではもはや食べ途中ですがww)

早速いただきましょうかね、はい、食べよう。
いただきまーす!




【結論】


辛くて辛い。( ;Д;)
(カラくてツラい。※「カラくてカラい」でも可。)


麻婆豆腐まじスパイシー。一口食べただけで舌先ビリッ!発汗ぶわっ!
もはや痛いっす。舌痛いっす。涙目っす。鼻水出るっす。


「なぁっ、コレ、辛すぎやしないかい!?(;;;゜Д゜)」


同意を求めて 中国人の友人に訴える。



「……ん?(・ω・)」



普通に食べてるよ、この子、美味しそうに食べてるよ!!!!!!



友「ねぇ、なんでそんなに苦しそうなのwww」
私「辛すぎてどうしようもできない自分がいる。○○は、辛くないの?」
友「全然、普通。本場に比べれば辛さが足りないくらいだよ。」
私「…ん?何て言った?ウソだろ、オイ(泣)」


中国、怖い(^▽^;)
やはり、育ってきた食環境が違うと 味覚の強さも違うんですかね。
そういえば以前、ロシア人の友人と寿司を食べた時、
私は美味しくいただいたに対して、ロシア人の友人はお腹を下していました。


で、今回は私の番…と。運命からは抗えないな…。
結局、私は春巻きとアイスをもさもさと食し、
食べきれなかった麻婆豆腐たちは、お持ち帰りにして、友人に全て託しました。


友「麻婆豆腐 頼むから、辛いの好きなのかと思った。」
私「コレ、私の知ってる、麻婆豆腐ちゃうわ……。」


いつかリベンジ行きたいどす( ・へ・)=3


私の癒してくれた、貴重な癒し系料理、アイス。
思わず2個注文した。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:38 | category: わたロシ |
# ざっくりジュライPart1



やっふーっ、7月ダイジェスト!


…とか総集編作ってる時点で、ブログの更新回数の少なさを露呈してますね。
うん、知ってる。
まぁまぁ、気にせず行くべー!( ・∀・)ノ



【映画館でオールナイトォッ!】
宮崎駿さんの作品を3作一挙に上映!
時間は23:30〜7:00 というタフな企画。
まぁ、この時間帯は地下鉄が止まってるので朝までというのは都合がいいんですケドね♪
今回は『天空の城ラピュタ』『千と千尋の神隠し』『風の谷のナウシカ』の3本。
ちなみに、最初2本は日本語音声のロシア語字幕。


おしゃれな劇場。


ラピュタは、会場の人が声を出して笑う場面が何度もありました。
笑いどころはロシアでも、笑えるようで。なんか安心。
あと、隣に座っていた女性が、ムスカ大佐が喋るたびに肩を震わせて笑っていたのはいい思い出。
Hey, Girl 何事だ( ◎ω◎)


千は、相変わらずカマじいがイケメンである。
そうそう、映画の一場面に登場する「エンガチョ」。
ロシア人には(・ω・)?のようで。
日本の文化なんですかね。一応説明しておきました。


最後のナウシカ。
なんと、ロシア語音声。
吹き替え音声は、ファンの男の人。しかも1人!
ナウシカも、青年も、おじさんも、おばあさんも、
み〜〜んな同じ声。しかも男性。
もう、「今、誰が喋ってるの?? ナウシカ?あ、違う、ユパ様だ!(・Д・)」
という推理勝負(?)
日本のアニメにロシア語字幕→それを一般のファンの人が吹き替え。
というのは、ロシアのネット界ではよくあることです。
可愛い女の子がおじ様ボイスなのも、もう慣れたよ パトラッシュ...。



【お友達の寮は、豪華ホテルぅ!?】
お友達の寮に遊びに行きました。
「どんな場所だろう、ワクワク☆」と思って行ったところ。
床はキレイ。壁紙キレイ。トイレもキレイ。お風呂はシャワー+浴槽。
な、なんだこのホテルは…!?((◎Д◎))


と、ビビっていると、2年前に 部屋の修理工事が入ったとの説明が。
ちなみに、修理されていない共通台所は、親しみのあるボロさでした(でも、IHだっだのよ!)

こちらの寮、なんと14階建て。
私の寮は6階建て。に、2倍以上だと!?

高い。高い。ほらごらんよ、高い。
臓器が冷えるよね、ヒュッって冷えるよね。

お部屋に関してはキレイなのですが、3人部屋というコトで
プライバシーなんてありゃしないらしい。
うん、1人部屋ってイイよね(・ω・)

そこで6時間くらいお喋りしてました。
日本でもそうだったように、とるに足らない話をぺちゃくちゃと。
質問に4単語ぐらいで答えれれば上出来だった 留学当初の私も、
今じゃぁ言葉のキャッチボールが出来ているようです。
(たまにキャッチャーびっくりの暴投をしでかしますが(笑))



以上、7月ダイジェストPart1でした。
ダイジェストと名付けている割に内容が2つだけという詐欺。
ロシア語で日記つける時もそうなんだけれども、
1つのコトに対してぐだぐだと語りすぎだのぅ。
話が迷走に迷走して、話題の着地点が見えないまま、
だらだら続けて 気付けば長文になってしまうのですわよね、奥さん。


以前、「寿司」っていうテーマで日記を書いていたら、
「料理は本場に限る」という話を経由して
「ロシアと食品衛生」という問題まで飛んで、
最終的に「お腹が空きました。終わります。」と雑に締めるという力技を披露しました。


文章力ぽーん\(^0^)/

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:03 | category: わたロシ |
# 小さい夏、小さい夏、小さい夏

 
みぃ〜〜〜〜〜つけたぁっ!!!!!!




はい、ってなワケで
ロシアに夏がやってきた!
照りつける太陽、澄んだ青空、生い茂る緑!
ひゃっふー、テンション上がるぅっ!( ・∀・)ノ



ご覧あれ、この夏のオーラを!


 



…と、思ったのはいつのコトだったろう。
7月上旬、えぇ暑かったです。
とは言え、日本のような蒸し暑さはなく、ただ「暑いーっ!」という感じですね。
日によっちゃぁ 25度を越たりしましたよ。
ロシアに夏はあったんですね。



と、思ったのもつかの間、


雨。


雨。


THE☆雨!!!


寒いんスけど(( ゜Д゜))
夏はいづこ!?


ここ3日ほどは雨が続き、気温も大分抑えられてます。
秋だよ、もう秋だよ、お母さん。
半そでじゃ鳥肌立っちゃうよ、お父さん。
外に出ようとしたら雨が降ったよ、おばあちゃん。
かと思ったら急に晴れたよ、おじいちゃん。
特にコメントが思い浮かばないよ、アニキ。


というコトで、あまり外出する気も起きず、
部屋に籠ってお勉強。( ._.)Φ


9月が年始めというコトで、お別れの季節でございます。
春にお世話になった子は、家族のいる故郷へと帰ります。
お隣の部屋に住んでいた子も、結婚ということで寮を離れます。
留学生の中国人の友達も、一時帰省。


それと、学校のお友達も親戚や家族の所に行ったり、
海外旅行なう!だったりするんですよね。


Oh,ロンリー!\(^0^)/
とはいえ、9月から授業が始まるので、
今のうちにロシア語をがっつりやっとかないと、
授業に出ても単位取れなさそうという恐怖。
私は授業に出席する資格を得ることができるのか!?
ざわっ、ざわっ…!!


 


 



とりあえず、エルミタージュの写真を貼りつけて気分爽快リフレッシュ!
近くに行ったらとりあえず入ってる、そうエルミタージュ。
なんつったって、学生証提示で入場料タダですもの!(・∀・)


「エルミタージュ広すぎるから、まだ全部は見てないわ。」
という声をよく耳にしますが、
私の場合は
「毎回迷子になるから、どこを見たのか覚えてないわ。」です。
作品を全部見るとか、そもそもそういう問題じゃない( ^ω^)


以上、【学生証】のコトを【学生書】とタイプミスしても、
違和感を抱かずスルーしてしまった残念な日本人学生でした。
ではでは(  ̄▽ ̄)ノシ

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:20 | category: わたロシ |
# お呼びじゃないヤツ飲んじゃった

 あらあら、どうもお久しぶりでございますね、みなさん。
積もるお話もあることでしょう。
そうですよね、だってこの記事、6月に入ってから2個目ですからね。
そりゃぁ、この空白にメモリアルがたくさんあるワケですよ。
だから、そのプライスレスな日々を、雨音と共に語る。



そんな余裕が無いくらい、



私は今、酔っている!(@Д@;;)



あかーん!\(^o^)/
  いかーん!\(^o^)/
     いやーん!\(^o^)/


あ、ナルシスト的な意味ではなく、アルコール的な意味で。
今ものすごく頭が残念です。


事の発端は、「あ、チューハイ飲もうかな?」という何気ない欲求。
( ・∀・)<はい、ここまでOK。何も悪くない。


次にお店に行く。
( ・∀・)<ノープログレム!



お酒を選ぶ。
「チューハイがいいなー。」
「やっぱ味は柑橘系だね!」
「あら、このお酒お値段安いわ。買っちゃおう☆」
( ◎言◎)<はい、アウトー!


この時、私は知らなかったのだ。
このお酒が、チューハイではないという事実に。


 



↑買ったお酒(右)


はい、結論。
【ビール】でした。
しかもアルコール度数8%
飲んだ瞬間に、頭がグァッと熱くなりました。
自分、最初はチューハイだとしか思ってなかったので、
「こっちに来てからお酒飲んでないから、弱くなったのかな?」
って思いました。このおめでた野郎め(=ω=)


で、徐々に胸やけが。
それでもこのおめでた野郎は
「やばい、恋してる!」とか
「肝臓が進化しているのか…!?」とかほざいてました。


そして、アルコール度数8%の文字を見て
「氷結は5%なのに、氷結越えだぁっ!すごいチューハイがあったもんだ!」
とか言ってました。わぉ、残念。


「へっへっへ、こんなにパンチのあるチューハイ、名前は何て言うんだい?」
と、陽気にラベルを見てみると、
なんということでしょう、【ビール】と書いているではありませんか。
うっそーん( ・ω・)


人間、納得しちゃえば 事実を受け入れるもんで。
「通りでキツイわけだ…。」
と、ようやく理解。
そして反省。



…と、いうことがありました。
なにもロシアで体験するほどのことでもありませんが。
なにも文字におこすほどのことでもありませんが。
「嫌なコトあった。やけ酒だ!(・へ・)」
という人の気持ちが分かった気がします。

でもさ、でもさ!
あのパッケージは、チューハイを彷彿させると思うよ!
まぁ、調子乗ってジャケ買いする私が悪いのですが。


最後に。
可愛いウサギのチョコレートを
最初の一口で
可愛いハムスターのチョコレートに進化させました。



わぉ、ミラクル☆


っていう支離滅裂な文章を書いてました昨日。
今日は二日酔いも無く、ばっちり元気です。

「支離滅裂」のコトを、いままでずっと「支離死滅だと思ってました。
どうりで変換されないワケだぜ!(・∀・)

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:54 | category: わたロシ |
# とりあえず、頭部が大草原

はい、6月ですねー。
留学生活も4カ月目に突入です。
どーん!(ノ ・∀・)ノ

 
ペトロパブロ要塞にて。
大砲。\どーん!/
ちびっ子が群がっておったよ。
彼らが40代のおじさんになった時に、
「俺ら、子どもの頃、大砲で遊んだよなぁ〜。」
という エキゾチックな会話をするんでしょうかねぇー。
刺激的ぃ〜!


↑ カザン聖堂内部。
おっしゃれー!
自室に持ち帰りたいほどのおしゃれなシャンデリア。


ロシアで手に入れたモノについて、ざっくり紹介。


まず、右上の洗濯用洗剤。
ロシアでは粉洗剤が主流だぜ!
液体洗剤を買うとなると、業務用みたいな1リットルばりのBig サイズ!
お手軽液体洗剤の時代はあと何年後だろうなー…。

画面左側。緑の物体。
これ、シャンプー。
草の匂いの!!!!!!!
ただ単に安いからっていう理由で購入したんだけども、
自分のチョイスに驚愕だわ。
私 の 頭 は 大 草 原。
誰 か 頭 部 で 駆 け 抜 け て。


で、その下。
手とケータイ。
ロシアで買いましたよー。
世の中がスマホブームの中、このシンプル携帯電話!
よく言われるコトは、
「お父さんがこんなの使ってます」です。
パカパカできないよー。
メールできないよー。
ショートメール、最高!(゜∀゜)

その上。チェブラーシカ。
今日、お友達から頂きました。
お陰さまで、私の部屋に癒しグッズが降臨。
きっとこのチェブさん、これからの私の留学生活を
このふわっと不安にさせる瞳で見守ってくれることでしょう。

で、チョコレートのスプーン。
温かい牛乳を、このスプーンで、くるくるーってかき混ぜてー、飲む!
っていう おしゃれアイテム。
お隣さんから頂きましたー。ありがとう!(・∀・)

あー、マトリョーシカ。
お友達から頂きました。
パカパカできないマトリョーシカ。
ってか、マトリョーシカ風のお人形さん。
マトリョーシカ。
そう、マトリョーシカ。

トイストーリーのゲーム。
ロシアではPSとかより、PCゲームの方が人気っす。
で、私の大好きなトイストーリーで、ロシア語で学ぼう!
…とか思って、サクっとやってみたら
操作方法の説明の場面で
「…?(@_@;)」
っていう状況。
どのボタンが攻撃ボタンなのか分からなーい。
敵、倒せなーい。
ウッディに会えなーい。
アンディの妹さんの赤ちゃんベッドから出られなーい。
そっと電源OFF。

帰国する頃には、ほほっと軽くプレイできるくらいに
ロシア語ぺらぺらになるぞー!(゜▽゜)

あと、今日の感動。
大学の学務課の人のメールが素敵だった。
「ご自愛ください」ですって。
思わず国語辞典ひいちゃった。
素敵でキレイな日本語だなーって思いました。

日本語、ボロボロになってきたのを実感してる今日この頃ですがー。
母語を素敵に使いこなしたいなーって思います。
思ふ!

あと。
6月の目標、家計簿をつける!
つける。私、つけるよ、お母さん!( ̄∀ ̄)ノ

以上。へーい!
| comments(2) | trackbacks(0) | 02:03 | category: わたロシ |
# 生存を報告しますです

はい、「生存報告用ブログ」と題しておったのに、
更新しない=何かあったの…?
という雰囲気を醸し出しておりましたが、
元 気 で す ☆(>∀<)b


家具屋で見つけた、なぜか低姿勢な赤い人。
赤い。とにかく赤い。
こんちわーっす!(笑)


うーんっと、色々ありました。
その割には思い出せないのでざっくり。

●1人部屋になりました。
…というか、そうなるように交渉しました。
「お金は払います、なので、どうか…どうか…!」
という、お金で解決、強引行動!
個人の空間、Yeah!(*´∀`*)

●日本語ネイティブスピーカーとして、ちょっとバイト。
母語を喋ってお金をもらうって、なんか恐縮です…。
交流の輪が広がりました、Yeah!
私「○○さんはペットを飼っていますか?」
生徒「ハチネズミ!」
私(…なんか強そう。黄色と黒の配色してるネズミかな…!?)
生徒「ハチネズミ!」
【正解:8匹のネズミ】
察せなくてサーセン…orz

●美術館巡り
エルミタージュ美術館やプーシキンの家博物館、
宗教博物館やら、色々。
ココで便利なのが生徒手帳!
水戸黄門気分でコレをかざせば、入場料なんてあってないようなもんだ!
エルミタージュ無料だなんて、嬉しいな!
何回も行くんだけど、何回も迷う!

●5/9の勝利の日パレードに参加
人が多すぎて、大方 人の背中を見ることになりました。
で、行列にのまれて 動けない状態にも陥り。
同じ境遇に陥った日本人男性の方と、ちょっとお喋り。
ロシア女性と結婚したんですって。
あら、素敵!(*・∀・*)

そうそう。今は、
ロシア語の先生の部屋の工事が終わったというコトで、
先生のお家にて、個人レッスンをしたりしております!
紅茶とチョコをたしなみながらの優雅な時間。
YA TTA NE☆( ̄▽ ̄)ノ



寮の部屋からの景色(22:45撮影。)
白夜が近いというコトで、夜中の11時でもこんなに空が明るいのデース。
朝の5時もこんな感じ。
私がロシアに着いた3月の頃なんて、「太陽が昇るのが朝9時」だったなー。
あの頃は、「太陽、仕事して!!」とか思ってたけど、今じゃぁ「太陽、頑張りすぎ!」って思うわー。

なんか最近、ロシアにいるんだけど、
日本に住んでるかのように、のほほん暮らしておりますよ。
(お寝坊したりするし…。)

まぁー、元気です。ざっくり。
最後に、チョコボーイシリーズ。


これ…いわゆる パックンチョやないですか…?
See you☆
| comments(0) | trackbacks(0) | 04:12 | category: わたロシ |
カテゴリ
プロフィール
最近のコメント
QRコード
qrcode
ブログ内検索
広告